老人ホームなどで給食業者の委託や給食直営を検討中なら【株式会社ロイヤル・フーズ】~発注や衛生管理のノウハウも提供可能~

老人ホームなどで給食業者の委託や給食直営を検討中なら【株式会社ロイヤル・フーズ】~発注や衛生管理のノウハウも提供可能~

給食業者の委託や給食直営を検討中なら、発注や衛生管理のノウハウもご提供する【株式会社ロイヤル・フーズ】へ

給食業者の委託や給食直営を検討中なら、発注や衛生管理のノウハウもご提供する【株式会社ロイヤル・フーズ】へ

給食業者の委託や給食直営を検討中なら、【株式会社ロイヤル・フーズ】へご相談ください。老人ホームなどの施設で、給食直営を行う際のサポートをさせていただきます。

【株式会社ロイヤル・フーズ】では、月単位の献立表を販売中です。献立表には発注書としても利用できる食材購入リストが付いているため、不慣れな方でも効率的に発注することができます。

また、給食直営を実施するための支援コンサルティング業務も対応可能です。調理スタッフの採用ノウハウ共有のほか、HACCP(危害分析重要管理点)に基づく衛生管理や衛生研修なども行っています。安心・安全な食を提供できるよう様々な指導が可能なので、施設での食に関するお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。兵庫や大阪などの関西エリアを中心に、給食業者の委託や給食直営を検討中の施設様を全国対応いたします。

老人ホームなどにおける食品の衛生管理の重要性

老人ホームなどにおける食品の衛生管理の重要性

食品に有害なものが入っていると、人体に健康被害を及ぼす可能性があり、時には命にかかわることもあるのです。そのため、老人ホームなどの施設では入居者の健康を守るためにも、徹底した食品の衛生管理が必要と言えます。

衛生管理における最重要課題が「食中毒の防止」です。菌を付けない・増やさない・やっつけるという食品衛生防止の三原則を基に、食中毒を防ぐよう心掛けましょう。

食中毒を防ぐために気をつけたいポイントとして、食品の管理が挙げられます。給食を作る際は複数のスタッフが業務を行う可能性があるため、誰が見てもわかるように、食材のビニール袋や容器に開封日や賞味期限の日付を記入し、情報を共有しましょう。また、先に賞味期限が切れる食材から使用する先入れ先出し法を徹底することで食材の長期保存を防ぎ、食材のロスを減らすこともできます。

その他にも、食材に触れる際は徹底的に手洗いをする、場合によってはビニール手袋を使用する、正しい温度管理と保管方法を実施する、などの対策が必要です。徹底した衛生管理を行い、入居者の健康を守りましょう。

給食業者への委託を検討中なら給食直営もサポートする【株式会社ロイヤル・フーズ】

会社名 株式会社ロイヤル・フーズ
電話 072-747-8920
FAX 072-747-9105
代表 代表取締役 吉見 淳
住所 〒664-0026 兵庫県伊丹市寺本4丁目80-5-101
事業内容
  • 給食直営化のコンサルティング
  • 高齢者・福祉施設の給食受託
URL https://royalfoods.co.jp/
pagetop